採用情報



メガネミュージアム

japanglassesfactory

眼鏡修理受付

アートギャラリー

ビジョンケアウィーク

採用情報

GLASS GALLERY 291 BLOG

GG291twitter

GG291FACEBOOK

福井県ゆかりのお店

鯖江メガネファクトリー

携帯サイトQRコード

GLASS GALLERY 291
携帯サイト

アクセスマップやお得な情報を掲載しています。

ホーム> 福井・鯖江めがねの歴史と職人たち



めがね産地「福井・鯖江」の歴史と作り手の想い

明治頃の作業風景

    世界に誇る「Made In JAPAN(メイド イン ジャパン)」

    ブランドを支え、良質でかけ心地の良いめがねを世界へ送り出すまち「福井・鯖江」。

    日本のめがね枠生産の90%以上のシェアを誇っています。

    その歴史は、雪深く産業がない農業だけの地元の暮らしを向上させるため、
    「国産のめがねの祖」とも呼ばれる増永五左衛門が、大阪からめがね職人を招き、足羽郡麻生津村生野(現・福井市生野町)で農家の副業として広めたことから始まりました。



    第二次世界大戦が終戦を迎えると、めがねの需要がさらに高まり、セルロイドフレームやサングラス、そしてそれを作り出すブランドが数多く生まれました。

    そして、1981年には、世界で初めて、軽くて丈夫なチタン製めがねを開発・生産をおこなうことで、国際的なめがねの産地としての地位を築き上げ、イタリア・中国と共に世界の三大めがね産地となりました。

    また、近年ではチタン加工の技術を医療や電子機器などに生かし、めがねづくりの熱い想いが、幅広い分野に広がっています。

    その職人たちのめがねにかける想いをご覧下さい。

福井の雪景色


めがねの歴史と職人たち

※クリックすると各動画へスライドします。

五左衛門とめがね産地の歩み


めがねができるまで


職人【メタル枠】デザイン


職人【メタル枠】金型


職人【メタル枠】プレス


職人【メタル枠】切削


職人【メタル枠】ろう付け削


職人【メタル枠】研磨


職人【メタル枠】検査


職人【メタル枠】表面処理


職人【メタル枠】仕上げ


職人【プラスチック枠】デザイン


職人【プラスチック枠】削り

職人【プラスチック枠】やすりがけ


職人【プラスチック枠】鼻パット

職人【プラスチック枠】テンプル

職人【プラスチック枠】仕上げ





ess>